漫画CMマーケティング!は現役アフィリエイター向け教材だった

漫画CMマーケティング!は現役アフィリエイター向け教材だった

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

漫画CMマーケティング!を実践すべき方はどんな方でしょうか?

 

漫画素材を使用する事は、まあ名前を見ればイメージできますが、みんなが皆、漫画や絵が描けるわけじゃない。

 

また、大企業ですらノウハウを持っていない事が多く、失敗しやすいといわれています。

 

どうも、さっとです。

 

概ねの事は、販売終了する月額版:YouTubeオタクマーケティング!を見れば見えてくると思いませんか?
実際、月額版オタクマーケティングを経て新教材として誕生したわけですから。

 

今回は、漫画CMマーケティングが、どんな層にどんな風に役立つのかをお話しします。

 

 

対象:中級~

さて、月額版:YouTubeオタクマーケティングが登場したとき、藤原さんが購入対象とみていたのは、

  • 通常版で基礎を学んで成果を出している人
  • すでにYouTubeチャンネルを運営していて、何らかの成果が出ている人

といった、稼げている人を後押しする補足教材だったわけです。

 

まあ、動画素材の提供も目的の一つですが。

 

具体的に、YouTubeアドセンスで月三万円程度稼げるスキルと定義してました。

 

これは実務的に言えば、思ったように動画を編集して、YouTubeの機能を理解している。
またブログなどに動画を使用できるといったレベルですね。

 

その月額版の派生系である漫画CMマーケティングには、普通に考えれば中級レベルの教材と言えます。

 

 

オタクマーケティングとの違い

漫画CMマーケティングはYouTubeオタクマーケティングの派生した教材と言いましたが、わざわざ新たに名前が与えられるくらいなので、当然違いがあります。

 

まず、YouTubeオタクマーケティングというものは、アドセンスで稼ぎながらアフィリエイト成果も狙う手法となります。

 

漫画CMマーケティングでは、作った動画をLPなどに使用するといったアフィリエイトに主軸を置いている印象が強いですね。

 

続編というよりかはスピンオフ作品的な?

 

ドラクエに対するトルネコの大冒険的な感じですね。
…例え古!!

 

 

素材としての動画作成

これまで多くのYouTube系ノウハウといえば、動画自体で稼ぐ事を念頭に置いた教材が多かった訳です。

 

しかし漫画CMマーケティングでは、動画素材として漫画を使用し、出来上がった動画をLPなどの素材として使用するのがメインといった感じですかね?

 

例えば縦長LPを見たことある方は多いと思います。

 

あれに結構な長さの文章が掲載されてますよね?
正直、あれを全部真剣に読もうと思いますか?

 

読むのがめんどくさいから、要点を押さえてくれるレビューページを探して読むんでしょ?

 

「レターと比較して実際はどうだ」とか。

 

ライターに高い金を払って書かせているのに、実際はほとんど精読している人はほぼいないんですよね?

 

また、読んでる途中に「なんかめんどくせぇ…もういいや」とページを離脱する方も多いわけです。

 

だからこそ、日本人ならついつい読み込んでしまう漫画を使うことで、精読率がアップ、しかも文章と比べてかなり短時間で読めるようになるわけです。

 

百聞は一見に如かずと言いますね?
文字だって目で見てるとか、そういうツッコミはなしよ。

 

納得さえすれば、欲しいと思った商品を購入する訳ですよ。

 

アフィリエイターや実際に売る商品を持っている方には、かなり最適な教材ではないでしょうか?

 

 

 

漫画CMマーケティング

そもそも文章は読んでもらえません
 
日本人の80%以上が親しみを持つといわれる
「漫画」という画像コンテンツを活用し

WEBページへアクセスを誘導し商品販売や
リスト獲得を行うマーケティングノウハウ

YouTubeカテゴリの最新記事