【特典追加】A/Bテストの効果を最大限に引き出すポイント

【特典追加】A/Bテストの効果を最大限に引き出すポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

いきなりだけど、A/Bテストはご存じですか?

 

2種類思いついたので、勿体ないから二つ作った訳ではないんですよ。

 

LP書いて成果が発生しても、何が良かったのか、逆にページを閉じた人には、何がダメだったのか…
比較対象が無い事には比べようがありませんね?

 

ウェブサイトを育てる、、ユーザーを増やす、コンバージョン率を最大化する、売上増を見込む
最終目標を達成するためには欠かせない施策です。

 

どうも、さっとです。

 

アフィリエイトの世界では何故かSEO、良くてLPO(LP最適化)が語られて終わりですが、Web制作の現場では前者に負けず劣らず重要な事として捉えられています。

 

 

A/Bテストとはどんなテスト?

AとBの二つ(場合によっては複数)のWebページを用意して、どちらのページが効果が高かったかを調査する方法ですね。
クリック率やページ離脱率を測定し、Webページを改善していきます。

 

最終的にコンバージョン率の向上や売上増へ繋げることを目的としています。

 

スプリットテストやスプリットランとも言いますね。

 

初心者の方などはLPを作ると言えば、渾身の作を目指して、ひとつ作ったら力尽きる事が多いとは思いますが、最初は見出しの文字や装飾を変えてみる、アイキャッチを変えてみる、リンクバナーを変えてみるといった小変更から試してみると、労力も少なく済みます。

 

一定の効果がデータ上に現れてきたら、仮説をたてて変更要素を追加・変更してテストを繰り返します。

 

多くの方にとってA/Bテストは、テストを行う箇所もポイントもよくわからない、「労力に見合った作業であるか」という疑問点しかないと思います。

 

何故に成約したのか?
何故、渾身の作なのに効果を上げられていないか?

 

そういった部分が曖昧なままだから、A/Bテストの重要性にまでたどり着けずに「同じようなのを2つも作るの面倒じゃない」という話が出てくるのだと考えます。

 

しかし実際は改善点を見出すためのテストなので、初心者こそ習得すべきスキルとも言えます。

 

 

AとBの何の違いを見るの?

  • 特定のターゲット向け文章と一般向け文章での差異
  • アイキャッチ画像の有無
  • 画像が写真か画像か
  • 文字装飾の強弱
  • サイト(ブログ)のサイドバーの位置
  • 商品の割引率表示か商品の割引金額表示か
  • 縦長LPと動画単体LP

といった、見た目に関する部分でどんなのが良いかなどを調査できますね。
A/Bテストはわずかな改善を常に繰り返して、大きな結果をもたらすことができます。

 

わずか数%の微々たる改善でも、積み重ねることで数十%の改善結果をもたらす事が出来ます。

 

 

そんな訳で特典追加

当ブログからの購入者特典として、そのA/Bテストを気軽に行うことのできるツールを追加しました。

 

手に入れて、成約率を大きく伸ばしてくださいね。

 

当ブログの購入特典カテゴリの最新記事