5000円も稼げないアフィリエイターが多いという話の真実

5000円も稼げないアフィリエイターが多いという話の真実

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

アフィリエイターの95%は月に5000円も稼げないという有名なお話があります。
これは石にかじりついて頑張って実践を続けても、素人はそういうものだと言わんばかりに教材のセールスなんかにも使われますね。

 

「だからこの教材を買え」って感じで…

 

でも実際はそうじゃないんですよね。

 

色々と相談やサポートを行っていて、この有名な話に隠された真意を見つけたので、お話ししますね。

 

100円を安いと捉えるか高いと捉えるか

「先月アフィリエイトを初めて100円しか稼げませんでした」という相談を持ち掛けられました。

 

物販アフィリを実践されていて、サイトを作ったまではいいけど、収益が伸びず悩んでいるとの事でした。

 

私なんか最初の100円稼ぐのに3か月以上かかったのに!!

 

「アフィリエイトで稼ぐ時代は終わったんですね…」と文章が続いていた訳ですが、これって大成功ですよね?

 

…というと、多くの方は「月100円じゃバイトしてた方がマシ」とか「アフィリエイトは時代遅れ」と思うかもしれません。

 

しかし考えてもみてください。

 

無料オファーとかアドセンスじゃなく、物販で初月から100円稼いだ訳です。

 

経験値が圧倒的に少ない…初月といえばゼロともいえる状態で成果を得られた。
経験者のテストマーケティングよりも圧倒的にコンテンツや作業量が少ない状態ですよ?

 

その方の書いた記事・コンテンツで心が動いた方がいる。
これは紛れもない事実です。

 

初月~と言えば

  1. どのジャンルでアフィリエイトをするか選定
  2. テストマーケティングで収益が見込めるか
  3. 自動化・効率化
  4. 規模の拡大

といった段階を見極めます。

 

この方の場合は、2.テストマーケティングで収益が見込めるかという項目をクリアしていますね?

 

そしてこの方のように次の段階に進む前に、世の中にある単純労働の時給制のバイトなんかと比較して、辞めていくというパターンが多いのです。

 

実にもったいない!!

 

アフィリエイトは頭脳労働です。
その100円をいかに自動化して稼ぐか、またどうすれば二倍三倍となるかを思案する職種です。

 

そういった意味では95%の人は5000円稼ぐ前にあきらめる人といえます。

 

あきらめない5%になるために

言い古された言葉ですが、継続は力なりです。
何で継続できないか、なにが作業の邪魔をしているかを見極めて、継続できる環境を構築する必要があると思います。

 

それは個人個人で生活環境や置かれた状況が違うため、一概には言えませんが、モチベーションを維持する事が重要である事は、すべてに共通すると考えられます。

 

モチベーションを維持するために、同じくアフィリエイトを行っている仲間を作って切磋琢磨したり、目標を設定したり、目標を達成したら自分にご褒美を買ったり…

 

自分が最大限に頑張れるものを探してみると良いかもしれません。

 

過去記事カテゴリの最新記事