ノウハウコレクターだからって諦めず闘う方法はある

ノウハウコレクターだからって諦めず闘う方法はある

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

一般的にノウハウコレクターと言えば

「ダメな人の代名詞」

といった風潮があります。

企画

ノウハウコレクターと言えば
ノウハウを手に入れても実践しないか少しかじって飽きて辞めてしまう…

 

…こう説明すればダメな感じはしますね、確かに。

 

でもノウハウコレクターだから出来る攻め方って
確かにあると思います。

 

どうも、さっとです。

 

ノウハウコレクター=実は知識豊富

最初に言っておきますが

  • 買っただけでPDFファイルを一度も開いていない
  • 買っただけで動画を見ていない…
  • 買っただけでインフォトップからダウンロードしていない

そういうのは論外だから…

 

せめてページくらいはめくってもバチはあたらないから…

 

はじめて教材やノウハウを手にした時、
多くの方は新しい事に挑戦するという事もあって

「やるぞ、稼ぐぞ」

と意気込んで一通りは目を通すと思います。

 

中には今までやった事のないような作業やテクニックがびっしりと書かれています。

 

ノウハウコレクターに陥りやすい人はこの時に

「うわ、こんなの知らないし、難し(面倒)そう…」

と感じで高まったテンションを一気に急降下。

 

そりゃ、新しい事を学ぶためにノウハウを手にしているんだから知らないで当然だし難解なイメージを抱いたりしますよ。
また経験者も「この作業って面倒なんだよね」と経験則から煩わしく感じます。

 

 

と言うより、最初から知ってたり楽そうだと感じるくらいならノウハウを手にする前から実践してますよね。

 

そしてこの段階で挫折、それでも尚インターネット収入を夢見る人は別のノウハウを求めます。

 

…これじゃ運よくベストマッチな教材やノウハウに巡り合うまで堂々巡りですよ。

 

何故ダメだったのかメモ

いろいろとノウハウを手にしそれでもコレクションを続ける人に質問しますが何処がダメであるかを記録に残してますか?

 

多くの場合は「そんなのノウハウがダメだったんだ。ああ、HDDの中にダメな商材として保存してあるよ」といったあたりですかね?

 

それじゃ、HDDの肥やしになってるだけ…

 

何処がダメであるかを箇条書きでいっぱい出すと良いかもしれませんね。

 

その書きだしたダメポイントはいわば改善点と言えます。
それさえ改善できればノウハウを難なくこなせて成果を発生できるわけですよね?

 

じゃあ改善点を考えなよ。

 

記事の書き方が分からないなら記事を如何にすれば効率よく書けるか。

 

「こんなのアカウント凍結すぐだろ」といった感じなら…
というかそれが解るならけっこうなレベルにいるんじゃない?

 

凍結されない方法も当然知ってますよね?

 

少なくとも貴方がそういった部分で挫折を覚えたという事は他の誰かだって同じ様につまづいているはずですね?

 

多くの人が実際に欲しいのは新たなノウハウじゃなくてその解決策なんじゃないですかね。

 

何故ならそれを解決できるなら3万円も4万円も出して新しいのを買う必要がありませんし何よりそれで稼ぐ事が出来るようになるんですから当然ですよね?

 

改善点が思いついたら、そのノウハウをアフィリエイトして特典にできますよね?
他のどこにもないオリジナル特典ですよ。

 

もちろんそのノウハウを使って稼ぐ事も出来ます。

 

その教材をはるかに超えるノウハウが浮かんじゃった日には、もう自分で教材を作って売る事も出来ますね。

 

なんだか夢が広がりますね。

 

ここまで展開できるのは様々なノウハウの知識を有するノウハウコレクターでないと無理ですよ。

 

過去記事カテゴリの最新記事