バズメーカーを評価してないレビューを書く人はFacebookでは稼いでいない

バズメーカーを評価してないレビューを書く人はFacebookでは稼いでいない

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

もう、何度となく「バズメーカーはLP作成ツールじゃねぇ」と何度も言ってますが、
それでも「そこにアクセスを集めて制約させるからLPですよね」といった質問が続きます。

 

正直

「もうLPツールだと思うんなら、それでいいんじゃね?」

とも思いましたが、一定数同じ文言を毎度毎度返答をするのが面倒な場合、こうして記事を作って多くの方とシェアしようと思います。

 

形式的にそう見えるからLPツールと断定した口調のレビューも多くあるから質問が減らないんでしょうね。


バズメーカ公式サイト

 

Facebook系ノウハウ≠サイトアフィリ

サイトアフィリを軸にやっている方からすれば、バズメーカーが出力するサイトはLPであると定義できます。

 

経路はどうあれ、最終的にそのページで成約を目指すわけですから、間違いではありません。

 

しかしLPツールとして販売するならば、バズメーカーに最初からデザインパターンを追加して販売されていたはずです。
バックエンドやアップセルでデザインの追加を勧めるための戦略?

 

いいえ、むしろデザインパターンは少ない方がFacebookでは功を奏しやすいと考えられるからです。

 

Facebookでは比較的普段から「いいね」しているサイトに「いいね」をする傾向が強いですね。
それは「いいねしても、特に害がなかった=安全」といった認識からくるようです。
逆を言うと、新参サイトに「いいね」をしてくれる可能性が低いわけです。

 

新参サイトでも「いいね」を稼ぐものはメーカーやブランドのサイトだったり、概ね個人じゃ難しいものとなります。

 

もっと簡単に言えば、「みんながシェアやいいねをしているものでないといいねが貰えない」と言えますね。

 

だからこそ従来のFIPなどのノウハウは、興味を引く記事でやや強引に「いいね」を稼ぐ必要がありました。

  • Facebook ページを作る
  • Facebook ページに「いいね」を集める
  • Facebook ページでアフィリエイトする

これが基本形ですね。

 

ここに「いいね」を集めるブログやみんな大好きLPを絡ませていくわけです。
バズメーカーには最初から「シェア」数をゴニョゴニョできる機能があるのもその為ですね。

 

また、多くの方が実践する事によって、デザインパターンが同じページがたくさん出来上がります。
これによって「普段からいいねをしているページ」という錯覚が生まれます。

 

つまり「いいね」や「シェア」に対する障壁がずいぶん低くなると言えます。

 

つまり、バズメーカーを導入する事によって

  • Facebook ページを作る
  • Facebook ページに「いいね」を集めつつアフィリエイトする

という従来に比べ簡略化を行うことが可能となりました。

 

従来の「いいね」が集まらないと走り出せない状況から、ずいぶんと前進したノウハウと言えます。

 

一般的なサイトアフィリの形式とはずいぶん違う事がわかりますね。

 

また機能的にもLPに求められる機能以外も備わっていて、これがFacebookを舞台に活躍するためのツールであることがわかります。

 


バズメーカ公式サイト

 

被リンクなどSEOを意識しないかわりに

バズメーカーは終始「共感を得る記事を書きましょう」とレターにもあるくらい、コンテンツの重要性を説いています。

 

またfacebookを舞台とする性質上、「いいね」を避けては通れません。
「いいね」の数によって、どれだけじぶんの投稿が拡散できるか変わってきます。

 

いいねの数が多ければ多いほど友達全員に反映されていき、また友達の友達にもあなたの投稿が反映されます。

 

あなたがいいねの数を増やしたのであれば、基本動作を知る必要があります。

 

まずは自分から積極的に友達を増やしていき、自分からどんどん友達の投稿に「いいね」をしていきます。

 

もっといいのは、友達の投稿にコメントを残す事です。

 

これによってあなたの事を知らない人にも、あなたの事が認知されるようになります。

 

次に投稿する写真は風景よりもじぶんの顔が映った写真が受けがいいですね。
これは風景だとスルーされがちですがヒトの顔だと目に留まるからです。
「顔出しはちょっと…」という場合は、フリー素材の人物でもいいですね。

 

k本的な事ですが、ネットのSNSでも画面を見ているのはあなたと同じ人間です。

 

その同じ人間が何をされれば喜んでくれるかを考えて行動すれば「いいね」は増えて行きます。
そこに人物像を感じられない場合はスルーになる可能性があります。

 

 

最後のが1番重要なのですが、これができれば誰でも簡単に「いいね」を集める事が出来ます。

 

というか、こういうのをPDFなんかにまとめて特典とすれば、「購入したからこそ極秘情報を手に入れる事ができた」と喜ばれるんでしょうけど、その辺のセコいアフィリエイターと同じにされてもねぇ…

 

多くの人がバズメーカーを実践して、皆で万札を握りしめてFacebook社とWin-Winの関係になれる事を夢見ているからですけどね。

 

少なくとも、従来の強引にいいねを稼ぐ手法よりかはFacebookにとってもメリットがありますしね。

 


バズメーカ公式サイト

 

Facebook系ノウハウを実践せずに「LPだ」なんて言ってるレビューって結局は

「乗用車にしか乗ったことが無い人がバイクのレビューしているようなもの」

なんですよね。

 

一見すれば、至極納得のいく事を書いてある風に見えて
実際にバイクに乗ってる人から見れば「ああ、この人乗った事ないんだね」というのが丸わかりなんですよね。

 

 

過去記事カテゴリの最新記事