バズメーカーの注意すべきポイント

バズメーカーの注意すべきポイント

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

バズメーカーはFacebook上で稼ぐことに特化して作られたツールであり、他のLP作成ツールとは一線を画している旨は、何度も説明しました。

それゆえ削減されている機能もあるのです。


バズメーカ公式サイト

 

どうも、さっとです。

 

高機能なのに安い…という事は…

この業界に長らくいらっしゃる方は「安くて高機能という事は、バックエンドが…」と勘繰るのは世の常。

 

当然、1万円を切る価格に設定するために色々と機能が削減されていたり、バックエンドがあります(^^;

 

RSSやping送信機能は?

如何にFacebook特化ツールと言っても、RSS/Atomを作成したりPingを送信できません。
これがないと検索エンジンからの流入は期待できません。
コピペ等でコンテンツを仕上げる性質のあるFacebook系アフィリエイトですが、それでもRSS/Atomを生成できればやり様はあるんですけどねぇ。

 

これを補うべく、ブログネットワークというアクセスアップサイトを月額3980円で利用できますが、お金まで払って検索エンジンからのアクセスに期待するのはナンセンスですね。

 

Pingくらいならフリーウェアなどでも送信できますし、ここに期待しちゃったらバズメーカーのメリットがほぼほぼ無くなりますしね。

 

更新PING送信ツール・PING Transmitter

 

このあたりのRSS等の機能が、サイト・ブログアフィリ一辺倒のアフィリエイターには不評のようで、批判的な記事が稀に見受けられますね。

 

ページデザインが少ない

LP作成ツールと違って、デザインパターンが少々少ないですね。
バックエンドでデザインパターンを購入も出来ますが、特に不便を感じません。
よくある話ですが、ある程度のビジュアルであれば注力すべきは記事の内容になりますね。

 

これはバズメーカーに限らず、ブログアフィリなどでも言えますね。

 

Facebook系ノウハウのキモは、魅せるコンテンツではなく気になって読ませるコンテンツを目指す必要があって、初期デザインでも十分であると言えます。

 

デザインばかりで何時間も食うより、一つでもコンテンツを作って広めましょう。
正直なところ、LPツールではないので「パターンが少ない?だから何?」といった感じです。

 

こうして見ると、他のLP作成ツールとは大きく違う点が理解できるとは思います。

 


バズメーカ公式サイト

 

Facebok広告費を使う場合がある

Facebook系ノウハウのキモは何といっても広告出稿となります。
FIPでもそうですね。

 

結局はお金をかけずに「いいね」を集めると、無尽蔵に時間がかかります。
それこそ徹底的にバズる記事の書き方をマスターする必要があります。

 

それを時間短縮するために広告出稿も視野に入れると良いですね。

 

…まあ、コレがどうしても絡むからLP作成ツール呼ばわりされる節もありますが。

 

広告出稿と聞くと消極的になる方もいらっしゃると思います。
しかしFacebook広告はGoogleなどに出稿するのと比較しても費用が驚くほど安いのが特徴ですね。

 

本当にタバコ銭程度でも充分効果が得られる事もあります。

 

Facebookは「何処の何歳くらいの、こういった属性の人に」という部分を明確に絞って広告が打てる分、無駄が少ない。
だから広告費が安く済むのですね。
なぜなら、Facebookに参加している人はFacebook運営がもれなく把握しているから、それに合わせて範囲を絞るだけですし。

 

PPCで苦い思いをした方は、Facebookでなら無双できる可能性が高いです。

 


バズメーカ公式サイト

記事特典12・13・14が無くなっちゃう!

本日一杯で発売記念特典である12・13・14の特典が消滅してしまうようです。

「スワイプファイルなんか貰っても…」

いえいえ、弾は多い方がいっぱい撃てますよ。

 

多少の修正を入れれば、則Facebookで展開が出来るのは大きいですね。

 


バズメーカ公式サイト

過去記事カテゴリの最新記事