YouTubeオタクマーケティング!を他の有名YouTubeノウハウを差し置いてまで紹介する理由

YouTubeオタクマーケティング!を他の有名YouTubeノウハウを差し置いてまで紹介する理由

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

YouTubeノウハウは沢山ありますが、あえてYouTubeオタクマーケティングを全面的にプッシュしています。
確かにオタクマーケティングは他の教材と比べても代表的な裏技みたいなものはございません。

しかし「裏技=グレー」のように、ギリギリを攻める事で爆発的アクセスを稼いだりする事は、
わずかな規約変更でブラック則アウトになったり、一般的にはグレーでも参照・引用元によっては使っただけでアウトである場合もあります。

 

数をこなした経験者でないとこの辺りはうまく渡っていけないと思います。
初心者がボーダーラインを探りつつの作業でアドセンスアカウントを停止させられても面白くないですし。

 

どうも、さっとです。

 

オタクマーケティングンには安定性がありますね。

 

これからのYouTube

グレーゾーン動画への取り締まり強化など、「グレーだから大丈夫」とも言い切れない状況が最近続いています。
そのうち本当にホワイトでないとダメになってくるのかもしれません。

 

テレビ番組はもちろんの事、アニメや映画系では今までシステム検知で把握していたものを、目視で取り締まる姿勢を示したようです。
どこまでの域のアニメや映画なのか、まだまだ詳細が見えてきませんが、システム検知の場合は、幾らでも回避する方法がありましたね。

 

しかし人力による目視チェックは、見落としや判断間違いが無い限りはどんどん削除される事になるはずです。

 

そうなってくると、YouTubeで稼ぐためにはオリジナル動画でないと収益化できないといった状況も予測できます。

 

ある種、YouTube収益化というジャンルでいろいろな手法が出そろった感がある今だからこそ、手にすべき教材は「YouTubeオタクマーケティング」に代表される、安全かつオリジナリティのある企画を作り上げる手法ではないかと考えます。

 
https://snk48s.club/z5rm

YouTubeテクニックは無料で手に入る

かつてはYouTube動画収益化と言えば、お金を払ってノウハウや教材を購入しないと効果的なテクニックを知る事が出来ませんでした。
しかしYouTubeがアフィリエイト分野意外からも注目された結果、3DCGやDTMのようにほぼ全てのホワイトなテクニックを無料で手に入れる事が出来る状況へと変わってきました。

グレーゾーン以降のノウハウに関してはまだ教材を購入しないと手に入りませんが…

しかしYouTubeをよりクリーンなものへとしたい運営が頑張れば、それがいつまで有効であるか疑問ですね。

動画制作ってお金がかかるんでしょう?

特別なソフトウェアやビデオカメラ、高性能PCを購入しないと動画制作を行えないと考えている人が居ます。
インターネットで検索すれば、無料で使える高機能ソフトの紹介や使い方まで知る事が出来ます。
ビデオカメラや高性能PCが無くても実践できる内容である事も理解できると思います。

また、オタクマーケティングでは序章で古い低スペックPCの最適化について言及されていて、ほんの少し現在お使いのPCを整理するだけで充分作業を行える事が書かれています。

グレーゾーンを攻めないと収益を伸ばせない?

確かにブラックに近いほど「皆が見たい」ジャンルの動画が多くなります。
半面、危険性が高まりますね。

だからと言って、考えもナシにホワイトゾーンの動画を量産しても、結果はあまり芳しくありません。

わずかな規約変更や運営のさじ加減によっても判断が変わってくるグレーゾーンは不安定極まりないです。
アカウント停止や削除になる前に、爆発的にアクセスを稼いで銀行口座などで報酬を受け取っていれば、まだ良いのですが、それが支払い前だと…
報酬はすべて没収となります。

ホワイトな手法のオタクマーケティングではどうでしょう?

企画段階からしっかり骨組みを作った上での動画制作となるので、報酬の伸び率は高いですね。
初月10万円突破という方もおられる様です。

支払われるか没収されるかわからない20万円よりも、確実に受け取れる10万円を目指した方が安全かつ安定的ですね。

お金を稼ぐビジネスである以上、安定的な収益化を目指す方が、今後の戦略にも活きてきますね。

また、YouTube動画作成における企画の練り方というものは、案外ネットで検索しても手に入りません。
それだけ今のYouTubeはテクニック先行である状況と言えます。

オタクマーケティングを実践して、実のある計画を練る事で、どんどん上位に食い込んで行くことが可能である事は言うまでもありませんね。

https://snk48s.club/z5rm

オタクマーケティングもグレーじゃないの?

オタク分野を攻める以上、どうしてもゲーム・アニメの画像などを使用する機会が増えます。
それについて

「それも著作権者が他にいるからグレーでしょ?」

といった質問をいただきましたが、厳密に言えばグレー寄りかも知れませんが、このノウハウを著している方は、会社としてPlayストアなどにゲームを提供している業界の方です。

つまりは業界の暗黙のルール等を熟知した方が「安全です」と判断して教材としてまとめたものとなります。

素人が試行錯誤の末「俺がやって削除されなかったから、たぶんこの辺りはグレーかな?」といった曖昧なものではありません。

とは言え、初心者など経験値が少ない人が選定基準を誤って、度を超えちゃう事も予測されます。
それでもホワイトよりのグレーゾーンに落ち着くレベル、つまりは悪くても「やや安全、運が悪かったらクレームが来るかも」といった範囲に落ち着きます。

…まあそのため教材の中で「詳しく理由は書けませんが、これは止めておいて」といった書かれ方をされている部分があるのはご愛敬(^^;

https://snk48s.club/z5rm

企画書を作って計画を考える

これからのYouTubeは企画をしっかり練って安全なオリジナル動画を制作していくスタイルが収益化を目指すうえでは重要になってくると考えられます。

ホワイトな手法だけで言えばYouTubeで稼ぐ方法も良いのですが、企画を練るといった部分が弱いような気もします。
そう考えると選択肢はオタクマーケティング択一となりますね。

オタクマーケティングを実践すれば安全で安定的なYouTube運用を可能とし、ビジネスとしての体はなせると考えますね。

https://snk48s.club/z5rm

YouTubeカテゴリの最新記事