バズメーカーって意外と汎用性があるかも

バズメーカーって意外と汎用性があるかも

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

バズメーカーと他のLP作成ツールは別物とこちらの記事で書きましたが、それでも「LPとして使えますか?」といった質問を受けます。
他にも「FIPのようにYouTubeとの連携が強くないそうですが、出来ないんですか?」といった内容の質問もいただきます。

 

どうも、さっとです。

 


バズメーカ公式サイト

 

出来ない事は無いですよ。

LP作成ツールとして使っても良いじゃない

多くのブログでもLPサイト作成ツールとして紹介されている経緯から、どうもただのLP作成ツールと思われている方も多いはずです。

 

私も手にする当初は

「PPCの人が作ったただのペラサイト作成ツールでしょ?」

位に思ってましたし。

 

確かにメビウスなど専用ツールと比較すると出力できるデザインパターンでは勝る事は出来ないかもしれません。
だけどバズメーカーにはLP自体で動的にアクセスを集める機能が備わっている、「バズれるページメーカー」なわけですから、他の下剋上∞などと組み合わせると相乗効果がかなり期待できますね。

 

 

まとめサイトなども攻められる?

ニュースまとめサイト的な使い方も可能であると考えます。
その際はアドセンスのようクリック報酬型広告を使用すると良いですね。
それが可能となる事は、YouTube動画を絡めて行くことも可能であるという事は言うまでもありませんね?

 

おそらくこのブログの読者=YouTubeを絡めた何かを期待している人はこの部分が気になっていたのでは?

 

記事作成画面にはYouTube動画埋め込みボタンも用意されていて、記事内で簡単に紹介できます。
ただ、RSS送信機能などが見当たらない事から、ネイバーまとめなどのサイトと連携していく必要はありそうです。

 


バズメーカ公式サイト

 

でも縦長LPってどうなんだろう…

Google アドワーズのサイトにLPの利便性について言及されているものがあります。
https://support.google.com/adwords/answer/2404197?hl=ja

ここには

広告がクリックされた後、ウェブサイトのランディング ページを読み込む時間が長いと、ほとんどの場合、ユーザーは待ちきれずにそのページを離れてしまいます。このようなランディング ページは、Google によって利便性が低いと判断され、広告ランクにも悪影響を及ぼすことがあります。ランディング ページの読み込みは、スピーディーに行われるようにしておきましょう。

読み込み時間を短縮するためのヒント

  • 広告をクリックしたら、パソコンでも携帯端末でも、すぐにランディング ページが読み込まれるようにします。
  • ユーザーが探しているものをすぐに見つけられるよう、スクロールしなくても見える範囲に重要なコンテンツを表示します。
  • ランディング ページの利便性を測定できる PageSpeed Insights の使用方法を確認します。

という風に「縦長のをズラズラとスクロールさせずに有益な情報を提供しなさいよ」とも取れる部分があります。

 

確かに縦長LPってなかなか表示されないって場合が多いですよね。
しかも購入する気満々で開いたLPの商品リンクが下の方過ぎて無駄にスクロールとか…

 

そういった部分もありつつで、自分の中で答えが見いだせない感じがしてサイトアフィリをやめた経緯が私にはあります。
結局、それまでに育てたドメインを売り払った収益が一番大きかったというオチまで…

 

しかし、最近は動画をLPに挿入しているケースも増えている事から、いっその事「動画で商品説明や魅力を伝えてその下に商品リンクを置いとけばGoogleが言ってる要件を満たすんじゃね」と考えます。

 

私の中では「一画面LP(構想)」と呼んでいます(笑

 

バズメーカーなら、そういった実験的なものも簡単にできそうなので良いですね。

 


バズメーカ公式サイト

過去記事カテゴリの最新記事