動画・チャンネルの削除が増えたという声が多い真相

動画・チャンネルの削除が増えたという声が多い真相

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

「動画が削除されて」「チャンネルが…」といった声が、1~2年増えたような気がします。
とは言っても、YouTubeが無作為に削除している訳でもなく、やはりアップロードされた動画に多くの問題が含まれているケースが多々ありますね。

どうも、さっとです。

 

なぜ危険なものをアップロードしてしまうか

視聴回数を増やすには、やはり需要のある動画を制作するのが一番である事は言うまでもありません。
そのため、多くの裏技的手法やグレーゾーンへ果敢に挑戦する方も大勢いました。
しかし、始めたばかりの初心者は教材を何度読んでもそのグレー・ブラックの線引きを理解する事は出来ません。

 

それは、圧倒的に経験が少ないためです。

 

 テレビ番組の動画

ネットに強いわけでもない一般の方でも、こんな事を言っているのを耳にしたことはありませんか?

「あー、その番組見逃したわ。帰ってYouTubeで探してみよう」

 

テレビ=動画という訳で、Youtubeを連想された感もありますが、それだけYoutubeは一時テレビ番組のアップロードが多かった時期がありました。

 

こういったほぼほぼブラックまたは真っ黒な動画と言えば、一部のマニアが海外サーバーにアップロードする事が多く、一般的ではありませんでしたが「YouTubeが稼げる」という声を聴いて、YouTUbeにもアップロードされる事が増えました。

 

マニアでもない普通の人でも気軽に利用できる場所でテレビの動画が見られるようになった事から、急速に「テレビの動画も見られる」といった認識が広まったものと推測されます。

 

…まあ、当然アウトだわな。

 

またテレビ番組の一部を切り取った動画等に関しては「引用」といった捉えられたかもされてはいますが、テレビ局や関係者も知って野放しにしているのが現実のようです。

 

この辺りをグレーゾーンと表現している方もいますが、ブラックです。
ただ何かしらのメリットがあって放置しているといった印象ですね。
当然、テレビ局や関係者の戦略の一環なので、YouTuberには知る由もありません。

 

当然、不利益なものは削除となります。

 

削除とまではいかなくても、動画の収益はテレビ局等へ流れる場合もあります。
一見すると、タダ働きのような印象がありますが、関連動画で伸ばせたりチャンネル登録者増などのメリットは残ります。
温情処置ですね。

 

アダルト動画

YouTubeは今ではGoogleのサービスの一環ですね。
このGoogleというものはアダルトを極端に毛嫌いしている事で有名ですね。
そうなると、当然アダルト動画に対してはかなり厳しいです。

 

これはアダルトビデオなど他人のコンテンツをアップする事も当然ですが、自分で撮影したものも含まれます。

 

しかも見つかって削除された際に受けるペナルティは、テレビ番組をアップロードした時より厳しく重い事が多い様です。
一発でアドセンスアカウントを止められる可能性が高いですね。

 

「これのドコがアダルトだ」といった水着映像やジュニアアイドル的なものもアダルトとして対象になる事もあります。
風邪をひかないように服を着て温かくしておけと言った事でしょうか?

 

 

アーティスト等の楽曲使用

これで直接削除を受ける事は多くはありませんが、収益化停止等の措置が高確率でとられます。
自身で撮影した動画であっても、動画内にテレビ・ラジオまたはイベント会場等で流れているBGMが原因で発生する事があります。

 

ある意味、一番難儀ですね(^^;

 

削除におびえないために

多くの禁則などはYoutubeに規約として明記されています。
お暇な時に目を通すと良いでしょう。

 

また、出来るだけホワイトな手法で収益を積み上げる工夫を行った方が精神衛生上よろしいと考えます。

 

近年「削除が増えた」という声の正体は、消されるべくして消された動画が増えたという事です。
これはYouTUbeが正常に運営できているとも言えます。

 

 

ホワイトな動画では確かに爆発的な視聴回数を記録するのはやや難しい側面はありますが、安定性や安全性の高さは段違いですね。

 

 

YouTubeカテゴリの最新記事