YouTube戦略、ブルーオーシャンではなくレッドオーシャンを行け!

YouTube戦略、ブルーオーシャンではなくレッドオーシャンを行け!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ブルーオーシャンと言えば、アフィリエイトをやっていくうえで目指したい市場の一つですね。
強豪渦巻くレッドオーシャンで新参者がかなうわけがないといった理由ですかね?ざっくり言うと。
強豪が少ない、初心者でもある程度は太刀打ちできる市場をブルーオーシャンといいます。

中にはバリバリのレッドオーシャンでも気にせず飛び込んだ方が、結果的に有利なジャンルもあります。
それがYouTube動画収益化ですね。

 

どうも、さっとです。

 

どうも先にサイトやブログアフィリをやっている方って、ブルーオーシャンにこだわり過ぎる傾向が強いですね。

 

YouTubeにはこんな機能がある

検索サイトなどで何かしら検索すると、いくつかそのキーワードに合ったサイトやブログが検索結果として表示されます。
ユーザーがその中から「これだ」と思ったものをクリックしてページを開けば、当然画面が検索エンジンから遷移して目的の情報が書かれたページが表示されます。

 

ユーザーがそのページの情報で満足すれば、先ほど検索結果に表示された他のサイトやブログは当然、日の目を見ることはありません。

 

次のユーザー待ちです。

 

一方、Youtubeはどうでしょう?

 

新しいビットマップ イメージ

検索して検索結果から目的の動画を表示しても、このように右側に関連動画として存在をアピールしていますね。

当然スマホでも下部に関連動画が掲載されます。

 

検索結果からのユーザー争奪戦に敗れても、敗者復活の機会が存分に用意されています。
動画を見終わっても、お勧め的に関連動画を表示されたら気になりますね?

 

「一本見終わった。満足。さあ寝るか」

とは多くの場合ならないのが実情です。

 

つまりチャンスはユーザーがYouTubeを閉じるまであると言えます。

 

チャンネルの強弱は関係ない

関連動画に表示される動画には再生回数もさることながら、動画に設定されたタグも影響しているようです。
また関連動画として表示された動画が再生された場合に「この動画は関連している」という実績が発生し、より表示される可能性が高くなってくるようです。

 

つまり始めたばかりでもある程度食い込んで行ける仕組みがあります。

 

レッドオーシャンと言われるキーワードの動画を作っても、強豪に太刀打ちする手段はあるというのが、何ともYoutubeの面白い所ですね。
しかも再生回数が莫大な回数であるという事は、それだけ自分の動画も表示されるチャンス。

 

「でも、関連動画に表示されないんだけど…」

そんな時には自分の動画から同ジャンルの人気動画へコメント内からリンクを貼って、そのリンク経由で人気動画が再生された場合も、「関連している」と判断されるようです。

 

 

YouTubeカテゴリの最新記事