アフィリエイト=企画力

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

アフィリエイトを継続させるのはモチベーションが重要であると言われています。
ではアフィリエイトで稼ぐには何が必要でしょうか?

ターゲット選定、キーワード、ライティング…

 

まあ色々ありますが、結局それって「要素」なんですよね。

 

どうも、さっとです。

 

企画書書いてますか?

会社なんかでも何か新しい事をする時にまず企画書を書きますよね?
どういった層にどういった商品をどのように展開するかみたいな。

 

企画が通れば計画書を書いて話をつめて、それをもとに実行に…

 

では企画書の合否は何を基準にしているか?

 

利益が出るか否かですよね。

 

会社にとって何かしらのプラス要素が見込めなければ企画はボツです。

稼いでいる人は企画を練っている

おそらくあなたもアフィリエイトで記事を書いて商品を紹介しているという事は「ターゲット」「商品」「アプローチ方法」「キーワード」などの選定はしていると思います。

 

しかし、それらを一つにまとめていますか?

 

それをバラバラに考察したままで、紐づけしていないから見込んだ通りの結果にならないのかもしれません。

 

ターゲットや商品がバッチリでも、キーワード選定でライバルチェックした際に「こっちの方がライバルが少ないや」と選んだキーワードがちょっとズレたものならば、誤差が生じることは言うまでもありません。

 

稼いでいる人はそれらの要素が何一つ矛盾やズレが生じないように企画を練ってから仕掛けています。

 

さすがに企画書みたいに書面に起こしたりはしてませんが、仕掛ける前段階で同じようなものが頭の中で完成しています。

 

つまり「これちょっとズレてるけど、ちょっとズレた部分の人が買ってくれるかも」といった都合のいいように期待していないという事ですね。

 

ズレや矛盾が生じたら、それを如何に解消してターゲットと商品を結びつけるかをしっかり考えたうえで、初めて仕掛けるのです。

 

そういった事をしていないと、記事を書いたりしているうちに

「あれれ?なんか話が繋がりにくい」
「どうやってこの記事を収拾しよう」

と違和感を覚えやすくなります。

 

ちょっと企画書を書いてみてください

現在アフィリエイトをしたいものについて、企画書を書いてみてください。
出来上がったら、それを会社の上司なり知り合いなどに見せた場合を想像してみてください。

 

出来るだけリアルにね。

 

「あの人なら、絶対にここにツッコミいれそう」
「手段が不明瞭とか無駄に言いそう」

想像上の上司なり知り合いはOKサインを出してくれましたか?

 

NGサインを出してきた場合は、その企画はボツで…
想像上でダメだしされた部分をOKサインが出るまで修正してください。

 

 

 

これ、何を行っているかと言えば、第三者の視点を自分の中に持つことなんです。
そうする事によって、色んな角度から検証できますよね?

 

そこまでやっていれば記事を初めから最後までスラッと書けるはずです。
なぜならズレも矛盾点も解消されていて、あなたも全体像を完全に把握できている訳ですから、引っかかる所がありません。

 

ここまでやって、初めてライティングスキルというものが生かされる土台が出来ます。

 

今まで100万円かけて勉強しても稼げない。
-100万ですね。
これをプラスに転じさせる為には
「-(マイナス)」に縦線を書き足して「+(プラス)」にする。

 

そんな簡単な事、バカバカしい事ですが、出来ていない人が多いですね。
書き加えた縦線こそが「企画書」であるといえます。

 

 

 

過去記事カテゴリの最新記事