YouTube始めるならテキスト動画はナシ

YouTube始めるならテキスト動画はナシ

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

明けましておめでとうございます。

 

新年迎えて
一月も半分近く過ぎてからの挨拶ですよ、ええ。

 

さて、昨年は何だかんだで
静止画一枚に延々と文章が表示されるテキスト動画や
複数枚の画像をペタペタ貼った紙芝居動画が
想像以上に幅を利かせていましたが
ネット上では早くも

「静止画テキスト動画ってうざい」
「クソなのにやたら検索にヒットする」
「そんな芸のないのでPV稼げると思ってるの?」

といった具合で
かなり煙たがられていますね。

 

どうも、さっとです。

 

テキスト動画に避難轟轟、まとめサイトまでも

さて、ネット上を検索してみますと
個人ブログやまとめサイトなんかで
何の芸もないテキスト動画や紙芝居動画が非難されていますね。

 

ついでに軽く手口もサラッとさらされてますね。

 

やっぱりやってることの底があまりに浅く
狙いがミエミエすぎるのが問題ですかね。

 

要は視聴者に

「なんだか騙された」

感覚を与えている形となっています。

 

それでいくらコメント欄にURLを掲載して
誘導しようにも…

 

コメント欄を見るためではなく
低く評価ボタンを押すためだけに
スクロールする視聴者が殆どですね。

 

文章を読むよりも動画を見るって層が増えてきてるのに
動画に延々文章を表示させても喜ぶ訳ねーじゃん。

 

後は著作権グレー(と言い張っている)動画や
偽広告動画に対する嫌悪感も強いようです。

 

論外ですね。

 

2016年はどうなるの?

では今年はどのような形で動画をアップしていく必要があるか?
テキストが表示されるだけの動画では話になりません。

 

YouTube REDも開始された事も手伝って
より高品質な動画を邪魔な広告なしで
視聴したいというニーズが生まれてきます。

 

そんな所でバンバンテキスト動画ばかり出て来たら
低評価ボタンが減り込むまで押されるか
YouTubeから人が去っていきます。

 

そうなると運営が何かしらの…

 

それでもテキスト動画で勝負というならば
何かしらの視覚的刺激を加味する必要もあると考えます。

 

見せ方を考える必要が出てくるでしょう。

 

テキストが下から上へスクロールして
インタラクティブなんて喜んでいたらダメ。

 

要はツールに文章を放り込めば
動画が完成といったヤツでは淘汰される一方であると言えます。

 

 

過去記事カテゴリの最新記事