SEOなんて意識してると置いていかれますよ

SEOなんて意識してると置いていかれますよ

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

去る2015年4月21日…

 

予告通りモバイルフレンドリーに関するアップデートが行われ
順位が上がったの下がったのと各地で声が聞こえ…

 

…ると思ったら、
あまり聞かれませんね。

 

充分な準備期間と
大雑把に言うとテンプレートを対応品に換えるだけで対応できるという手軽感から
みんなそれなりに対応出来たのでしょうね?

 

どうも、さっとです。

 

今年はGoogle周りで大きな動きが多く
この手の話題に事欠きませんが
いかがお過ごしでしょう。

 

しかし「モバイル~」と有料版YouTubeの話題ばかりで
けっこう大勢の方がかなり大事な話を見落としているように感じます。

 

誘導ページについて、品質に関するガイドライン

 

恐らくはアフィリエイトをやっていて
サイトなりブログなりを展開している人なら目を通しているであろう
有名なブログですね。

 

まあいつもの通り難解な言い回しを好むサーチ クオリティ チームですが
要約すれば

アフィリエイトサイトは基本的に上位表示されません

と言えます。

 

Googleは考えました。

 

何でアルゴリズムの裏をかいてまで
上位表示をしようと作為的に動くんだろう。
これじゃイタチゴッコだよ…

先生もお疲れのようです…

つか、結局似たところに誘導してたりなぁ…

…これだ!!

といった感じで思いついたかどうかは知りませんが
まあ上記リンクのブログに書かれた
誘導ページか否かを判定している基準を読めば
具体的にアフィリエイトブログやサイトをダメと言っているのがわかりますね。

 

つまりアフィリエイトのタグが貼ってある以上
上位表示が困難となるわけです。

 

しかもこれ先月書かれたものですが
あまり取りあげてるブログをみませんね。

 

そりゃ、SEO系教材などを売ってる人からすれば
こんなの大々的に取り上げられたら商売があがったり。

 

そんな事より
テンプレートなどを売りさばくチャンスに満ちた
モバイルフレンドリーを大々的に取り上げた方が
お金になりますよね?

 

SEOを意識する暇があったら
別にする事がたくさんあるはずです。

 

そもそも何故アクセスを集める必要があるか。
貴方のブログやサイトへ人が訪れるという事は
何かを経由してやってくる、URLを直に入力している訳でない。
検索エンジンとは経由先の「何か」の一つに過ぎないという事。

 

少しは視野が広がったかな?

 

過去記事カテゴリの最新記事