スマホやモバイルに対応させる意味

スマホやモバイルに対応させる意味

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

昨年末からスマホなどで
Google検索をすると

スマホ対応ー」

と説明文の前に付加されているサイトが
ちらほらと見受けられるようになってきました。

 

有識者のブログでは

「ユーザの利便性を高めるだけのラベル」

といった紹介がされており
このラベルが検索順位に影響するものではないといった見解がなされていました。

 

どうも、さっとです。

 

この「スマホ対応」ラベルをモバイルフレンドリーと呼ぶそうです。
このラベルが登場した段階ではGoogle自身も

「これが検索順位に影響する事はない」

と主張していたようです。

 

しかし説明をしっかり読むと

「もしかしたら、評価基準の一つにしたりしなかったり」

と何かしらの試験を行っている事を思わせる一文が見て取れました。

 

じゃあ、ラベルが付いてたら便利な感はするけど、どっちでも良いね

 

そうかしら?

 

このたびGoogleはこの
モバイルフレンドリーを正式に
サイトの評価基準として採用する事を正式に決定し
来る4月21日より導入すると発表しました。

 

簡単に言うと
4月21日からPC、スマホやモバイルなど
端末を選ばず閲覧できないと査定を下げますよ。
といった感じですね。

 

最低限、レスポンシブウェブデザインが望ましい。
デザインの変更が難しい場合は
ディレクトリやサブドメインを端末毎に用意し
リダイレクトする等の対策を行う必要がありますね、ええ。

 

それで最近レスポンシブをうたうテンプレとかが多いのか。
それを適用すれば万事解決じゃね?

Googleウェブマスターツールで確認してOKが出ても
「スマホ対応」ラベルを頂いていないサイトも多く
判断基準が微妙に曖昧であるため
しばらくはGoogleのウェブマスターツールなどで確認を行い
微調整を行うといった作業が主となります。

 

ちなみにスマホなどのタッチスクリーンで
タップしにくい事から

  • 文字が小さい
  • リンクとリンクが接近しすぎている

などがモバイルフレンドリーであるか否かを判断する
材料の一つのようです。

 

ペンギンやパンダのようなアップデートと違い
正統派のコンテンツですらスマホに対応してなければ
順位を下げられる可能性がある
ある種最強の更新と言えますね。

 

 

過去記事カテゴリの最新記事