効果的でないYouTubeの自作広告

効果的でないYouTubeの自作広告

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

気になる芸能人のニュースを
テロップだけで紹介する動画がYouTubeに増えてますが
その前後に全く関係のない自作広告を動画内に挿入して

「くわしくは動画説明欄を~」

といった手法をよく見かけますね。

 

でもそこで紹介されている商品が

「〇〇万円稼げます」

「YouTubeで稼ぐ方法教えます」

みたいなのばかりですね。

 

どうも、さっとです。

 

最近、変な広告が挟まる動画が増えてうざいんだけど

知り合いから相談を受けました。

  • テロップが流れるだけのショボいのが増えた。
    あれを動画と呼んでいいのか。
  • 芸能人ニュース見たいのに関係ない広告見せられてイラッと来る
  • 動画は見れたんだけど、これからって所で変な広告に切り替わって
    ムカつく。

私は芸能ニュースなんかはテキスト媒体で見るくらいなので
正直「知らんがな」といった感じなのですが
YouTubeで稼ぐ人間にとっては結構考えるべき話ですね。

 

動画に自作の広告を挿入して「詳しくは~」なんて手法は
けっこう昔から使われていた手法で
例えば実際に商品を使っている動画を見せて

「ああ、この商品良さそうだ」

と思わせた所で説明欄のアフィリエイトリンクをクリックしてもらう。

 

実際にその商品が欲しくて
使い勝手などを調べている所で動画に行き着く。
その動画で使用していてプラス材料となる解説なんかがされているから
説明欄のURLを思わずポチッとクリックする訳ですね。

product

属性にあった広告ってヤツですね?

簡単に言うと属性にあった自作広告だから
前後に挿入されても嫌味ではないし
むしろ背中を押す効果が期待できるわけです。

 

しかし芸能ニュースを見に来た人は
芸能人のニュースが知りたいわけであって
YouTubeで稼ごうと思って見に来た訳じゃないですよね?

 

属性にあった広告を貼るっているのは
基本中の基本であって
誰彼構わず「アクセスが多いから」という理由で貼っていると
スパム呼ばわりされたりアフィリカス言われたりします。

 

しかも芸能ジャンルといえば
その芸能人が映った動画を期待している割合が高く
テロップで文字だけが動いている動画なんて
満足感が低いですよね?
他の動画に比べてマイナス評価がいっぱい付く事も多いようです。

 

そうなってくると
芸能情報なんかはテキスト媒体の方が早い、
しかもYouTubeでは何だかわからない広告を強引に見せられる。
YouTube離れが起こるという可能性が出てきます。

 

視聴者の利便性を大きく損なう
さらにはユーザーを大きく失う事態が発生すれば
当然、YouTube側も対策に乗り出す事は容易に想像できます。

 

ブログアフィリエイトでは稼ぐことが難しくなってきたと言われて久しいですね。
ワードサラダでいい加減なコンテンツを作り
キーワードを100個くらい並べていたら上位表示され
本当にバカでも稼ぐことが出来た。

 

難しくなったんじゃなくて
そんな事をして自分で自分の首を絞めただけなんですよ。

 

そしてYouTubeを舞台に同じような事を繰り返しているというのが
今現在YouTubeで行われているだけと言えます。

 

じゃあ、YouTube収益化も面倒になるね

幸いな事にYouTubeでは
最初から稼ぐための方法が用意されていますね。
ならば視聴者が見たい動画をスマートに用意する方が
安定した収益が上がるとは思いませんか?

 

ブログでもそうですが
変に検索エンジン最適化などイヤラシイ部分を意識するよりも
地道に更新を続けた方が結果として評価を得ていますね。

 

つまりシステム面にばかり目を向けず
ネットワークの向こう側の人間を意識したコンテンツを用意すれば
自動的に評価が上がっていくのです。

 

ではYouTubeではどの様な事をすれば
ネットワークの向こう側の人間を意識した動画を作る事ができるか?

 

product
基礎的な事から応用的な事まで網羅されています。
ホームラン狙いの大振りの手法ではなく
ヒットを重ねて得点を重ねていく手法ですよ。

 

はい、コンパクトなスイングでヒット狙いの手法を学びます

過去記事カテゴリの最新記事