今更聞けないYouTubeの広告の種類

今更聞けないYouTubeの広告の種類

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

YouTube収益化で最も重要な広告。

よくわからんから、全部にチェック入れて貼ったんだけど

そういう人も居ますね。

 

では、あなたはどの広告が
どの様に動画に貼られ
それに対して視聴者が
どの様な挙動を示すか解ってますか?

 

どうも、さっとです。

 

動画をアップし収益化を行うと
どの様な広告を動画に貼るかを選択する事となります。

 

YouTube系ノウハウを実践している方なら
理解しているとは思いますが
まだ始めたばかりでイマイチ理解しきれていない方も
一定数居るようなので
動画の種類とそれに対する視聴者の挙動を解説しようと思います。

 

Trueviewインストリーム広告

trueview

動画を再生すると冒頭に表示される広告ですね。
テレビなんかのCMのように
数秒間の動画が流れ
5秒するとスキップを視聴者が選択出来るようになります。

 

報酬発生のタイミングは

  • 広告動画がクリックされた場合
  • 30秒以上広告動画が視聴された場合
  • 30秒未満の広告動画の場合は最後まで視聴された場合

アナリティクスで見る限り
クリック率や視聴率が高めで
比較的収益率の高い広告と言えますね。

 

視聴者が「広告を見る」「スキップする」を
選択できるのが人気の秘密でしょうか(笑

 

InVideo広告

inst

 

動画再生の10秒後に
動画の下部にオーバーレイ表示される帯状の広告です。
この画像のように半透明で表示されたり
くっきりとした枠で表示されたりします。

 

帯状の右上にある「×」をクリックする事によって
視聴者は広告を非表示にできます。

 

報酬発生の条件は
×ではなくこの広告自体をクリックしてもらう必要があります。

 

視聴者は視聴の邪魔になるためか
すぐに×をクリックする傾向にあるようです。

 

ディスプレイ広告

ue

動画の右側上に表示されるバナー広告です。

 

この広告がクリックされた場合に一定の報酬が発生しますが
いったい誰がこんな広告をクリックしてくれるのですか?

 

標準インストリーム広告

nonskip

一見するとTrueViewインストリーム広告と大差ありませんが
こちらの標準インストリーム広告はスキップする事が出来ません。

 

広告動画自体は短め(15秒程度)なので
スキップできなくてもすぐに本編の動画を見る事が出来ますが
スキップできないという時点で動画視聴を放棄する視聴者もいるようです。

 

また、標準と銘打ってあるわりに
YouTubeに申請しないと動画に貼る事が出来ません。

 

以上がYouTube動画に貼りつける事ができる
4つの広告となります。

 

動画のターゲット層や性質を見極めて
最適な広告を選択するようにした方が
結果として収益をあげているようです。

 

product

過去記事カテゴリの最新記事