Facebookアルゴリズム変更後の世界

Facebookアルゴリズム変更後の世界

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

スパムアプリが増加した事に伴い
Facebookのアルゴリズムが
2015年1月より一部変更されましたね。

 

具体的には

  • 商品購入やアプリのインストールを目的とした投稿
  • 突然プロモーションや懸賞へ誘導するような投稿
  • Facebook広告を再利用した同じ内容の投稿

いまいちピンと来ませんか?

 

端的に言うと
宣伝色の濃厚な投稿の表示率が下がるという事です。

 

どうも、さっとです。

 

毎回内容を考えてそれにあった写真を毎回選びなおして
キチンとユーザの利便性を考えて宣伝している方は
今回の変更の影響を受ける事はないと考えられます。

 

同じ宣伝の投稿を何度も繰り返すスパム業者対策ですね。

 

しかし善良そうな感じでも
アプリのインストールを求めてきたり
またそのアプリが勝手に他人をタグ付けしたりするものも
相当数報告が上がっているそうで
そうなってくるとFacebook全体での
宣伝投稿の表示率が下がると考えた方が
精神的に楽かもしれません。

 

まだアップデートは始まったばかり

 

じゃあアフィリエイトブログの記事の宣伝も危なそう

そうですね。
少なくとも安全と言い切ることが出来ない事は確かです。

 

今回のアップデートで主に影響が出るのは
ウォールなどへの投稿が主で
Facebookページによる宣伝・広告投稿には
適用されていないようです。

 

だから最近よくページに対してLike(いいね)が求められるのか

だから宣伝すべき事がある人はページを作って
そこから宣伝を発する形に移行しています。

 

個人のウォールはファンや知り合いのために
FBページは宣伝のためにといった具合での
使い分けが始まっていると言えます。

過去記事カテゴリの最新記事