どれで作ったサイトが一番売れる?

どれで作ったサイトが一番売れる?

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

アフィリエイトをやっていると

もっとだ、もっと成約できるテンプレを!!

などとWordpressのテンプレートや
小奇麗なサイトを作れる大犬座のα星みたいなのが
気になって仕方ありませんね。

 

そうなってくると

じゃあ結局、どれで作ったのが一番なの?

という疑問に行き着きます。

 

そりゃそうですよ。
どれもレターを読む分には良さそうだけど
お高いでしょう?

 

どうせ買うなら一番いいものをと言うのは
当然の思考です。

 

どうも、さっとです。

 

本来ならば各ツールやテンプレート別での
アクセス解析や成約率等のグラフなどで
比較すべきなのでしょうけど

そんな事はしません。

 

今日有効な手段でも明日になれば無効になる
そんなインターネットビジネスの世界で
過去ばかり検証しても無駄です。

 

アクセス解析はそんな事のために使うものじゃありませんし。

 

この業界で一定の指針と言えば
Googleの動向が主なものとして扱われますね。

 

ご存知の通りGoogleは
コンテンツの質を重要項目として評価を始めています。

 

つまり余程変なコーディングでない限り
SEO関連の話なんてGoogleにとっては二の次なんです。
まずはコンテンツありきです。
むしろ小手先のテクニックを煙たがっていますね。

 

かなりざっくり言いましたが
そんなものですよ。

 

さて、そうなってくると
何のツールやテンプレで作ったものが良いかといえば
どれも大差ないと言い切れます。

 

逆に言うと皆それなりのテンプレなどを使って
サイトやブログを公開してくるので
そんなものを今更評価しても無駄というわけです。

 

必須単位ですね

 

それを受けて最近はどの教材でも

外観に時間をかけるよりも
まず記事を書いて充実させるべき

と説いていますね。

 

外観に頑張りすぎて
中身が残念なサイトなりブログは結構ありますね。
Google検索ではコンテンツが残念と評価され
上位には来ませんが
ブログランキング経由で回るとそこそこ目に付きます。

 

じゃあ何で今でもそんなツールが売れてるの?

コンテンツが評価対象ならば
別段、Wordpress標準テンプレートでも良いし
ホームページビルダーでも良い訳ですが
何故今でも根強い人気があるか
何故今でも売れているか。

 

簡単な初期設定を済ませてしまえば
それなりに綺麗なサイト・ブログを作る事が出来て
コンテンツ作りに割り当てる時間を多く取れますね。

 

また最初からユーザビリティ、アクセシビリティの良い
デザインを利用できますね。

 

ユーザビリティはざっくり言うと
人間中心設計でユーザの使いやすさ。

 

アクセシビリティは高齢者や障害者など
ハンディを持つ人にとって
どの程度利用しやすいかという意味ですね。

 

外観や使いやすく設計する時間を短縮できます。
だから購入する必要があるのです。
コピーライト部分などの制約を気にしないのであれば
無料のでも充分ですね。

 

外観部分の評価は
学校で言うところの試験以外の部分での点数部分と言えますね。

 

試験での加点がコンテンツの評価
授業態度やノートをとれているか等が外観等といえます。

 

私のように授業中は睡眠学習を行なう優秀な生徒は
出来るヤツのノートを写させてもらう必要があるわけです。

 

過去記事カテゴリの最新記事