コメント周りって効果あるの?

コメント周りって効果あるの?

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

SNSが盛んな最近では
ブログ周ってコメントなんて
少しナンセンスだと感じている人もいますね。

 

中には何書いてるのか理解に苦しむものや
自分とは反対意見のブログもあるし
自分のブログ記事を充実させた方が建設的なんじゃないの?
以前書いた記事にコメントしてくれるのはありがたいけど
こっちとしては、次の新しい話したいから返信とか面倒。
交流とかしたくてブログ書いてるわけじゃないし

 

確かにコメントを通して他者との交流を行なうのであれば
SNSなど特化したツールがあるわけで
わざわざブログでそれを行なう理由と言うのは
あまり語られていませんね。

 

どうも、さっとです。

 

それではコイツを見てくれ…
どう思う?

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏も
コメントを含めたページ全体のコンテンツが
品質評価の対象になると主張しているようです。

 

質の良いコメントだと
全体のコンテンツとして評価されますが
質の悪いコメントを放置しておくと
低品質コンテンツと判断される可能性があります。

 

じゃあ、わざわざ他人のブログの評価上げにいくだけ不利じゃない

 

そうかしら?

 

他の人のブログに
グッとくるコメントを残して周れば
それだけでブランディングにつながると思いませんか?

 

また、そういったコメントを頂いた
ブログ管理者が自身のブログに来てくれた際
出来るだけ良いコメントを残してくれるのではないでしょうか?

 

ご懇意にしてくれてる人をないがしろにする人は
あまり居ないですね。

 

自身のブログに良質なコメントを集めて
Googleから高評価を得るためには
貴方が権威者でない限りは
自分でコメントして周る必要があります。

 

過去記事カテゴリの最新記事