質の高いアクセスを呼び込む

NO IMAGE

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

質の高いアクセスを呼び込む。

 

最近ではTwitterやFacebookなど
SNSを利用したりする方法も外せませんね。

 

どうも、さっとです。
一口にSNSと言っても
色々な種類があります。

 

おなじみのFacebookやTwitter
日本じゃイマイチだけどGoogle+なんてのも
Google謹製という事もあって
利用しているアフィリエイターも多いと思います。

 

その他にも日本ではあまりなじみのないLinked inや
Youtubeなんかも一種のSNSと言えるのではないでしょうか?

 

これだけたくさんあると

「じゃあどのSNSからの誘導が一番成約に貢献してくれるんだい?」

そう思った事ありませんか?

 

出来る事なら有益な所に注力したいですものね。

 

海外でどのSNSからの誘導が多く
どの様に行動しているかを調査した方がいるようです。

 

SNS比較図
(引用元:YouTube, Google+ and LinkedIn Drive The Most Engaged Social Referrals

簡単に言うと
どのSNSが濃い見込み客を連れてきてくれるかって感じですかね?

 

グラフは

緑:滞在時間
青:訪問ページ数
赤:直帰率

となっています。

 

Youtubeが第一位

 

ガッツリ記事を読んで
他のページまで読んでくれているのが解りますね。

 

海外での調査なので
Linked inやGoogle+が
上位に入っていますが
そこでもTwitterが4位
Facebookが5位と上位を占めていますね。

 

ただYoutubeとFacebookとでは
大きな違いがあることに
お気づきだろうか?

 

Facebookでは
大分して
「〇〇が書いたものか」と知り合いの動向を見る場合と
誰かが書いた投稿に
「いいね」やシェアされたものへのリンクの
2種類があると言えます。

 

後者が多い傾向にありますが
この事から

リンクがあったからなんとなく訪問して
「ああ、思ってたんと違う」と帰って行った。

検索サイトから訪れた人が
誰とも知らない人のリンクをクリックするのとは違って
Facebookは誰がリンクをはっているか解っている分
訪問は増えますが
とりあえず訪問してみた。

 

そういった行動がグラフに表れています。

 

Youtubeの場合は
動画とタイトル
キャッチコピーや説明文に
一貫性があって
そこから外部の関連サイトにリンクされている分
滞在時間が長くなっているのですね。

 

アフィリエイトサイトでも
タイトルと説明文や記事内容
紹介されている商品に一貫性がある方が
成約率が高い傾向にありますよね?

 

そこを意識して
FacebookやTwitterに
ブログ記事へのリンクを投稿する時に

タイトル+キャッチコピー

にしてみると直帰率は下がります。

 

投稿されたリンクには
抜粋も投稿されますよね?

 

ブログ記事の書き始め2~3行を
キャッチコピーにする事で
Facebookへの投稿もある程度
一貫性を持たすことができます。

 

検索サイト経由の方にも
当然有効ですね。

 

Youtubeも強いですが
まだまだFacebookにも可能性はありますよ。

 

過去記事カテゴリの最新記事